Snow Manの雪に埋もれて~sho-beat的メモブログ~

「光り輝く9Guys」を全力で応援しています!!アニメオタク兼Snow Man佐久間大介くん推し。

Snow Manのメンバー考察をしてみた④目黒くん・宮舘くん

こんにちは。

ブログの記事を書くにつれて、

どんどん雪に埋もれています中の人です。

 

こうやってSnow Manのメンバー

1人1人のことを、初心者ファンなりに

じっくり考える時間を持ってみて。

 

改めて彼らの素晴らしい個性と

眩しすぎる魅力に、気付きすぎて。

 

マジつらみの極み。

 

(ようするに「幸せ」ってことです)

 

今回は第4弾となりますこの企画。

 

Part①岩本くん・深澤くん

sho-beat.hatenablog.com

Part②ラウールくん・渡辺くん

sho-beat.hatenablog.com

 Part③向井くん・阿部くん

sho-beat.hatenablog.com

 Part④目黒くん・宮舘くん

 

Part⑤佐久間くん

 

どうぞお付き合いくださいませ。

目黒蓮くんという人

嵐ファンがスノと掛け持ちになって

一番最初に覚える衝撃が

 

すでに目黒くんを

生で見ていたという事実

 

もちろん、私自身もご多分に漏れず。

 

宇宙Sixという名前も知っていたし

目黒蓮くんという名前も

どこかで聞いたような記憶がありました。

 

ただ、顔と名前が一致していないという。

 

コンサートについてくれるJr.くん達が

紹介されるタイミングでは、

いつも全力で拍手を送っています。

 

ライブ中、嵐が遠くへ行ってしまい

Jr.くん達が近くにいるときは、

いつも彼らのパフォーマンスを見ています。

 

5x20のライブ、ハダシの未来で

Jr.くん達が嵐の歴代ライブ衣装を着て

花道で踊ってくれた時。

(伝説のスケスケ衣装の子が目立つやつ)

 

私の目の前には、Jr.くんがいました。

張り切って踊るJr.くんに合わせて、

私も負けずにハダシの未来を踊っていました。

(いつもの楽しい振り付け)

 

周りに比べてノリがよかったのでしょうか、

仕切りに目についたのでしょうか、

真意のほどは分かりませんが

そのJr.くんがこちらに気付き

とびっきりのスマイルをこちらに向けて

踊りながらめっちゃアピールしてきました。

 

そしてまさかの

 

投げキッスもらいました。

※人生初の出来事

 

しかも両手で投げキッス。

ダイレクトに飛んできました。

嵐でさえも貰ったことないし

そもそも「投げキッスして」うちわすら

作ったことも持ったこともありません。

 

この時の私

「ちょっと!

あなたのお名前は?!?!」

 

少年倶楽部のシステムってすごいですね。

歌ってる子に必ず最初

フルネームが表示される、あれです。

 

あの名前知りたいシステム起動を願うほど。

 

今でもあの彼が何という名前の子なのか

分からないままですが、

どうか元気でいてくれることを願います。

 

 

ちょっと話が逸れました。

スノにハマる前から、目黒くんとは

同じ時間を同じ場所で共有していた事実に

(しかも大好きな嵐と共に過ごした時間)

 

お前!

もっと早く気づけよ!

自分で自分の頭を揺さぶってやりたいほど。

 

しかも、色々見直してみたら。

「untitled」ツアーなんて

翔潤のCome backで翔さんの後ろにいたり。

Song for youでも翔潤の後ろで

シルクハットかぶって踊ってるし。

 

※翔潤に反応するタイプです

 

他の嵐のライブも

目黒くんめっちゃ出てるし。

 

最初は気づいていなかった自分自身の

ポンコツさにがっかりしたけれど。

 

 

嵐のバックに付いたことで、

彼が経験できた事柄と。

同じ時間を共有できていたことに

喜びを感じるようになりました。

 

D.D.のメイキングで彼が語っていた

「ずっとこれがやりたかった」

「これをやるために頑張ってきた」

的な、熱い思い。

 

如何せん、私自身は嵐だけを追いかけてきて

他の事情はほぼ「外野」で見てきた人間です。

 

事務所の中でザワザワする事態が起きた時も

内野のことだけど外野で感じてきた人間です。

 

私1人が騒いだところでどうなるものでもないし、

表面的にしか知りえないことで

深く語るのは身分不相応だと思っているからです。

 

長い間、Snow Manやメンバー1人1人を

様々な角度から支えている方々が

感じてきた出来事もすべては知りえません。

 

でも、目黒くんが書いたという

決意の強いブログだけは自分で読みました。

 

普段から、嵐以外に目を向ける余裕がない

生活をしていた私が。

なぜあの時だけ、あの文章を読んだのかは

よく思い出せないのですが。

読んでみたい、率直にそう思ったのでしょう。

 

「その人が綴る文章」というものは

ある程度の人間性が計り知れる、

感じ取れる貴重な指標だと思っています。

 

Twitterという枠の中で、

色々な人たちの文章を見ることもあれば

自分自身も投稿をして。

 

文章での「相性」もあれば「好み」もあって。

救われたり、傷ついたり、笑ったり、涙流したり。

 

ジャニーズwebのページで

ブログ発信ができることは貴重なツールです。

好きな人がどんな文章を書くのか。

どんなことを伝えてくれるのか。

彼らなりに届けてくれる「自身の想い」

 

全て完璧な人なんて存在しないし、

時にはストレートだったり不器用だったり

若さゆえだったり、1つ1つが経験だと思います。

 

でも、彼が伝えたいと思った

「強い意志」はそこにありました。

 

すごく強い人。

 

もちろん、目黒くんは

ビジュアルもスタイルも完璧だし。

アイドルとして素晴らしいと思っています。

 

だからこそ、こういう熱い思いを

しっかりと示せる心の強さにしびれました。

 

静かに沸々と抱えている思いを。

それほど表情に出さないであろうけれど

発言や文章で示す目黒くん。

 

クールに見えて熱い男子。

 

何事にも全力で立ち向かう目黒くん。

でも、ガサツな感じもする目黒くん。

2つのことを同時にできない目黒くん。

お勉強にちょっと弱い系の目黒くん。

負けず嫌い度が強そうな目黒くん。

 

そして。

 

大切にしたいものを

徹底的に守る目黒くん。

 

あなたが経験してきた多くの事柄は

確実に1つ1つ、糧となっているでしょう。

 

今はただ、自分の思いのままに

全力で進んでほしいと強く願います。

 

そしてこれからもずっと、

嵐に名前を間違えていじられる

カワイイ目黒くんでいてください。

 

 

宮舘涼太くんという人

最近、気が付いたのですが。

 

おそらく。

 

Snow Manのなかで

一番私のタイプの人です。

 

※佐久間担です

 

私自身が求めているもの全てを

舘様は持っていることに気が付きました。

※佐久間担です(2度目)

 

好きなタイプと推しって違うのかな?

 

今現在、答えが見つけられませんが

私が思う舘様の魅力について

語っていこうと思います。

 

あ、最初に言っておきますが

しょっぴーで語った時と同様

「舘様」というネーミングがぴったりすぎて

宮舘くんって呼べないヲタクです。

 

 

初めて舘様を見た時に、

アイドルではなく

 

歌舞伎俳優さんかと思いました。

ごめん。

 

だって、すごく「凜」としてたから。

だって、姿勢が「美しすぎ」たから。

 

漂ってくる上品さと、話す姿勢の丁寧さに

「育ちの良さ」しか感じなかったから。

(ご本人は下町育ちと言うけれど)

 

そして踊りだしたら「華麗」だし。

 

最初のその印象から、後々彼らの動画を見て

「宮舘王国」という存在を知り。

「貴族」「国王」

「従者的立ち位置な佐久間くん」

※常に90度で感謝を述べながらお辞儀する子

 

楽しい世界が、

そこにはありました。

 

舘様のスゴイ所は、

少ない打席で必ずヒット打つ所。

 

メンバーが舘様にコメント等を振る

タイミングもさることながら。

 

期待を裏切らない安心感。

 

嵐で言うなら、智くんポジと似てるかな。

運動神経に優れていて、器用で。

言葉数は少ないけれど、ツボは押さえてる。

 

メンバーからの信頼度の高さも。

 

あと、びっくりしたのが

 

「パラパラに乱入した舘様」

 

 

 ※それスノの康二くん罰ゲーム回

 

あれは衝撃的でした。

おそらく、2020年で一番

おなか抱えて笑ったから。

 

針振り切って壁を簡単に超えるあの姿。

あの度胸座ってる感じはすごいと思います。

 

 

冒頭に語った

「舘様が一番タイプ」の話ですが。

 

大人な男性で、包容力があって。

品があって、頼れる存在で。

何が起きても動じずに

全てを受け入れてくれそうで。

 

そしてなにより

 

カラダがタイプです。

 

(は?)

 

変な意味はないので安心してください。

普通な「女子の理想」的なやつです。

 

程よく背が高くて、スタイル良くて

筋肉で締まりつつ、ちょっと肉厚みがあって。

 

間違いなく私のタイプ

 

おめでとうございます自分。

 

 

あ、あと最近気づいたこと。

 

康二くんの面白い所を見て、

舘様が大笑いしてる姿って

 

最高ですよね

(YouTubeの声優王回)

 

いつもクールでキメてる人が

「素」で笑っちゃう瞬間。

 

その様子を見ている私まで幸せ感じます。

 

結局のところ、

Snow Manがメンバーと過ごして

その中で楽しそうに笑っている姿を

見ていることが私の幸せなんだと思います。

 

 

 

 

舘様の魅力を連ねれば連ねるほど

推しとかけ離れていくのはなぜでしょう。

※佐久間担です(3回目)

 

好きなタイプと推し(担当)が

違う事実を知れたのも

スノを好きになったおかげで気付いたこと。

 

これでいいんです。

 

次回は佐久間くんについて

たーーっぷり語る予定なので!!

(鼻息)

 

宮舘王国の国民である佐久間くん同様、

私も国王の舘様に忠誠を誓った、

という美談でまとめておきましょう。

 

浮気もほどほどに

 

お読みいただきありがとうございました!